私ども日本情報システムは、平成元年(1989年)に五反田で設立し、今日まで一貫して銀行畑のシステム構築に携わってまいりました。
 その間、蔵前、品川、渋谷と拠点を移し、現在は池袋に拠点を構え、全社員が共有する目標に向かって邁進しております。
 設立からこれまでの間には、多くの素晴らしい取引先、多くの良い顧客に恵まれ、それぞれにおいて顧客の立場にたったシステムを提供してきたと自負しております。
 今では銀行業に加えリース業及びサーバー構築など分野の幅を広げ、社員一丸となって取り組んでおります。
 おかげさまで令和元年(2019年)7月に設立30周年を迎えることができました。
これもひとえに取引先および顧客からのお引き立て、それになんといっても使命感を持ってシステムを完成させてきた社員のおかげだと思います。
 これからも設立時の気概を忘れることなく顧客に喜ばれるシステムづくりに取り組んでまいります。

 今後とも、皆様のご支援、ご愛顧を賜りますよう、お願い申しあげます。

代表取締役 山神 正則

山神正則
日本情報システム経営理念
経営方針 日本情報システム

 企業にとっての経営資源は「ヒト・モノ・カネ・情報」であり、その中でも最も重要な資源は“ヒト”である。
 企業の使命は、経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)を有効に活用し、最大の利益を追求し、税を納めることで社会に貢献することである。
 NISは、“ヒト”=個人を大切に、個人一人ひとりの個性を尊重しながら全社員一丸となって利益を上げ、その利を可能な限り社員に還元することを経営の方針とする。

ページトップへ戻る↑↑↑